伊勢原青年会議所とは

伊勢原青年会議所の運動 (1/3)

伊勢原青年会議所は1978年に神奈川県で15番目、全国で646番目の青年会議所として誕生しました。
1978年9月に創立総会を開催し、下記のような創立宣言文を発表いたしました。

伊勢原青年会議所 創立宣言文 (2/3)

丹沢山塊の雄峰、大山山麓の緑豊かなここ伊勢原の地に、輝く未来をめざして若き力が集結した。
今我々は青年としての義務と責任を自覚し、ほとばしる情熱、限りなき英知、常に前進する勇気をもって明るい豊かな町づくり、
ひいては民主主義国家の良き推進者として邁進しなければならない。
友情」「奉仕」「修練」の三原則を基に全人格的人間形成に励み、新しい時代の担い手として活躍することを誓い、
ここに伊勢原青年会議所の創立を宣言する。

それ以降、私たちはこの伊勢原に誇りと責任をもち、地域の文化や歴史、教育や福祉への様々な取り組みを実現してきました。

1978年の誕生以来、梅の木運動、街頭献血運動、1986年からは、伊勢原大山コマ選手権大会等、
伊勢原のまちに根付いた事業を展開してきました。

設立25周年にあたる2003年には、私たちのまちづくりビジョン「いせはらオアシス計画」のスタートとして
「いせはらこども里山学校」を開校し、2005年には「GET KOMA CHAMP!!」と題し、
伊勢原市内10の小学校による独楽回し対抗戦を行い、保護者の方の協力をいただきながら昨年まで継続して開催しています。

また2009年には、伊勢原市と協働で「市民討議会」を、
2010年には、伊勢原市の魅力を改めて発信するために、「大山納め太刀」を開催いたしました。

伊勢原青年会議所 行動指針「 with a SMILE 」~次代の伊勢原のために~ (3/3)

伊勢原青年会議所 行動指針「 with a SMILE 」~次代の伊勢原のために~

伊勢原青年会議所は2013年~2017年の行動指針として、
「次代の伊勢原のために」を考え「with a SMILE」を行動指針として発表致しました。

S:「Service」
「私たちは共に成長し合い、まちのために貢献をします」
   私たちは相手を想い、受け入れる大きな心で、相手に尽くすことを最大の喜びとします。

M:「Magical」
「私たちは魅惑的なまちを創造します」
   私たちは魅力を追求し、その可能性を引き出して、多くを魅了する”わくわく”するまちを目指します。

I:「Innovation」
「私たちはあらゆる可能性を信じ変革をします」
  私たちは己の力と成長を信じ、絶えず未来へ挑戦していく使命感を持ち続けます。

L:「Love」
「私たちは純粋に我がまち”いせはら”を愛します」
  私たちはすべてを受け入れます。だからこそ生まれる”愛”を信じます。

E:「Enjoy」
「私たちはすべてのことを楽しみます」
   私たちはすべてに感謝します。そして、その喜びを全力で表現します。